北九州の人気脱毛サロンおすすめ順【サロン別コース内容比較】

全身脱毛を行う女性のことを男性はどう思っている?


脱毛した話題は同性はもちろん、異性にはなかなか話すことではありませんが、サロンのカードが財布から落ちたり、スケジュール帳を見られるなどしてばれてしまうこともありますよね。

しかし、今では女性の全身脱毛はあまり恥ずかしいことではなくなってきており、全身脱毛はより一般的になってきています。

そのような中で男性目線でも女性の全身脱毛は、一般的な身だしなみの1つとして肯定的に受け止められるようになってきています。

ムダ毛は男性から見てエチケット違反

様々なアンケート調査から、男性が女性の脱毛に対しては肯定的に思っていることが多いとわかっています。

逆にムダ毛をそのままにしている、ケアできていない女性に対しては嫌悪感がある男性も多く、脱毛することに対する偏見よりも、脱毛しないことに対する嫌悪感のほうが強いと言えるでしょう。

特に日本ではワキ毛が生えた状態でケアしない女性は、女性として魅力的に感じない傾向が強いです。

ですから多くの女性が夏場の露出が多い時期には苦労するのですが、カミソリなどで頻繁に自己処理することで、かえってワキの毛が目立ってしまっているケースも多くあるようです。

魅力に感じないだけであればまだしも、ワキや腕、足の毛があまりにケアされていない状態で露出していると、エチケット違反やマナー違反とも捉えられます。

特にOLの方はスカートでストッキングをはく女性も少なくないでしょう。

その足の毛が処理されていないと、足が汚く見えてしまい、取引先などに身だしなみが整っていないと受け取られてしまっても仕方ありません。

このように女性のムダ毛がマナー違反・エチケット違反と受け取られがちな為、全身脱毛はむしろ身だしなみを整える1つの手段と言えるでしょう。

部位によっては注意が必要

ただし、部位によってはあまり脱毛したことを男性に意識させたくないところもあります。

例えばVラインですね。

全身脱毛をして綺麗に整っているほうが、男性とのスキンシップもうまくいきますが、あまり奇抜なデザインのVラインだと男性によっては好まない人もいるようです。

もちろん、下着からはみ出るようなVラインでは幻滅する男性も多いので、Vライン脱毛自体が良くないというわけではありません。

むしろ、女子力アップの為には欠かせない脱毛部位です。

しかし、Vラインをハート型などの奇抜なデザインにしたり、Vラインの毛を全部なくすデザインでは、タトゥーと同じようにそれに対して肯定的な男性と否定的な男性が分かれます。

今の彼氏が「いいね」と言っていても、万が一別れてしまったり、デザインに飽きてしまった時には取り返しがつかないこともあり得ます。

全身脱毛の部位の中でも、こうしたデリケートな部位に関しては男性の意見がまちまちなのでちょっとだけ注意しましょう。

予約時間に遅刻やキャンセルで1回分消化になるの?


実は多くの人があまり意識して見ていないのですが、契約書に脱毛キャンセルなどに対するペナルティが書かれています。

サロンによってはキャンセル料が必要になるところや、1回分消化になるところもあるので、かなり勿体ないですよね。

予約時間遅刻に対するペナルティ

まず、予約時間に遅れていくことに対するペナルティですが、各サロンで様々な規定があり必ず契約時にも話があります。

サロンによっては10分遅刻でキャンセル扱いになる場合があるので、もし時間的に遅れそうな場合などは早めにサロンへ連絡しておくようにしましょう。

また、遅刻に対して遅刻料としていくらか料金が発生するサロンもあります。

というのも、脱毛サロンでは予約時間から1時間などと決められた時間が顧客に割り当てられています。

仮に30分遅刻した場合は、残り30分しかありませんから、施術が短くなるのはもちろん、後の予約客に迷惑になる可能性も出てくるので、どうしても時間を気軽にずらすことができないのです。

最近は特に脱毛する女性が増えてきたこともあって、なかなか遅刻に対してシビアなサロンが増えてきています。

脱毛予約をしたら、当日はなるべく早めに到着するよう、余裕を持って出かけましょう。

当日キャンセルに対するペナルティ

当日になって予約をキャンセルする場合、連絡をしていた場合と連絡をしなかった場合とでペナルティは異なります。

しかし、きちんと連絡をしたとしても、多くのサロンでキャンセル料が発生することを覚悟しておきましょう。

また、1回分消化措置が取られることも珍しくありません。

回数無制限でもない限り、回数消化はダメージが大きいですよね。

その上、1回分通わず消化してしまった場合、効果が見られない場合の「返金保証」も多くの場合受けられなくなります。

脱毛は毛周期に合わせて施術を受けなければ効果がありませんから、きちんと通って初めて「返金保証」の対象となるのです。

最低限のマナーとしてキャンセル・遅刻はNG

脱毛に通うと決めたのであれば、最低限のマナーとして当日になってのキャンセルや遅刻はしないように心がけましょう。

キャンセル料や1回分消化、施術時間の短縮など、自分自身にペナルティが降りかかるのはもちろん、他のユーザーやスタッフなど多くの人に迷惑をかけることになります。

スタッフは当日きちんとカウンセリングをし、効果をしっかり出すために時間を確保してくれています。

その時間を無駄にしないことは結果的に脱毛効果を高めることにもつながります。

予約した日、時間通りに通うよう心がけましょう。

料金が何十万円もする理由は何?激安コースと何が違う?


前は何十万もする全身脱毛コースが主流でしたが、今では様々な価格帯の全身脱毛コースがありますね。

中には月額制で月に1万円以下という激安な値段で施術を受けられるところもあります。

それでは安いコースと高いコースと、何が違うのでしょうか?

今回はその違いに注目してみましょう。

高い全身脱毛コースの特徴

お値段が何十万もする全身脱毛コースの多くは、対象部位が全て『回数無制限』で受けられるコースです。

対象の部位であれば何度でも照射を受けられるので、例え脱毛期間終了後数本だけ毛が生えてきても追加料金なしで再度照射を受けられます。

また、予定していた回数を経ても、まだ毛が生えている場合、追加で通う必要があります。

その場合でも、回数無制限の全身脱毛コースですから、追加料金はかからず満足いくまで通い続けられます。

激安脱毛コースの特徴

何十万もする全身脱毛コースと違い、最近では回数が6回などと制限された10万円前後の安価な全身脱毛コースも出てきました。

このコースの多くは回数が制限されていて、4回や6回などの指定回数分の全身脱毛がセットでお得になっています。

個人差のある脱毛効果ですが、脱毛部位によって効果が出やすい部分、出にくい部分があります。

部位によっては回数内で満足いく場合もありますが、脱毛コース終了後も追加で何回か施術が必要になる部位も出てくるでしょう。

激安脱毛コースの中には月額制で1万円以下の脱毛コースもあります。

こちらはセット価格ではなく、通った分だけお金がかかります。

大体は1ヶ月に2回ほど通えて、1度の来店で全身の1/4~1/3の施術をしてもらえます。

このペースでいくと2ヶ月で全身を1回ずつ施術できる計算になり、1年間通うと全身を6回ずつ施術できるようになります。

1ヶ月1万円と考えると年間で12万円ですから、6回の全身脱毛コースをセットにした場合とで値段を比較すると良いでしょう。

高いコースと安いコース、どちらがオススメ?

結論から言うと、人によってオススメのコースが異なります。

全身の毛をツルツルにしたいという方はもちろん最初の契約金が高くても通い放題の高いコースがオススメです。

ただし、これは全身のあらゆる目立たない毛も含まれます。

全身全てのムダ毛を無くしたい場合でなければ、激安の脱毛コースを契約して指定回数分脱毛し、追加で脱毛したい部位だけ続けるのがオススメです。

例えばワキやVラインはしっかり脱毛したいけれど、足や腕は薄くなる程度でいい場合は、わざわざ高い脱毛コースにする必要はありませんよね。

また、高い脱毛コースで回数無制限で脱毛契約する場合は、期間も無制限かを確認しましょう。

期間が限定されているといざムダ毛が少しだけ生えてきた時に期間が過ぎていれば追加料金がかかってしまいます。

それに加え、高い脱毛コースは必ず大手のサロンが良いでしょう。

地域の小さなサロンだと、せっかく高い回数無制限コースにしていても、サロンがつぶれてしまっては、お金が無駄になってしまいます。

高いコースほど、サロンと長く付き合っていくわけですから、潰れる可能性の低い大手の脱毛サロンの全身脱毛コースを探すようにしましょうね。

多くの脱毛サロンが無期限保証になっている理由は?


回数指定のある全身脱毛コースの多くが『無期限保証』となっています。

これは制限期間なく、コースに含まれる指定回数を必ず受けられる保証です。

順調に回数を受ければ1~2年で終えられるコース

全身脱毛コースは大体が4回や6回、12回なの回数指定コースで、スケジュール通り通えば1年から2年で終えられるはずのコースです。

ですから、『無期限保証』がついているコースだからといって、永久に通い続けなければ効果が出ないというものではありませんし、予約が取りにくくなかなかコースが長期間終えられないという意味でもありません。

就職・結婚・妊娠、女性には多くのターニングポイントが

このように順調にいけば比較的短期間で終えられるはずの全身脱毛コースが、なぜ『無期限保証』である必要があるかというと、当初の予定通り通えない事情が、どうしても出てくる場合がある為です。

例えば就職ですね。

全身脱毛コースが安価になり、時間がある大学生のうちから全身脱毛をしておこうという学生さんが増えてきましたが、就職の時期と重なってしまうと、どうしても入社から数ヶ月は忙しくて通えない時期ができてきます。

そんな方でも、『無期限保証』のついた脱毛コースを契約していれば、就職して間もなくは脱毛をお休みし、時間的な余裕ができてからまた残りの回数分を通うことができます。

また、結婚や妊娠・出産も女性にとって大きなターニングポイントとなります。

特に妊娠中・授乳中のママは時間的な余裕がないのはもちろんですが、脱毛施術をサロンから断られる可能性があります。

フラッシュ脱毛の光が胎児に影響を与えることはありませんが、マタニティブルーという言葉があるように妊娠中は特に精神的に不安定になりがちです。

また、妊娠中・授乳中は女性ホルモンが安定しません。

毛周期は女性ホルモンと密接に関係している為、妊娠中や授乳中に脱毛を受けても思ったような脱毛効果が出ない場合があるのです。

そうなってしまうと回数が消費されて勿体ないだけですよね。

また、結婚する方でも引っ越しや結婚式など何かと時間に追われて通えない期間ができる場合があります。

これらのターニングポイントではどうしても数ヶ月から長ければ2~3年ほど脱毛に通えない場合がありますから、一旦脱毛をお休みできる『無期限保証』が脱毛コースについていると安心できますよね。

多くの脱毛サロンにこの『無期限保証』が付いていますが、稀に保証がないサロンもあります。

『無期限保証』がある脱毛コースかどうかをきちんと確認して脱毛サロンを選びましょうね。

脱毛後に汗の量が増えるって本当?


全身脱毛をした後に、汗の量が増えるという口コミや噂がありますが、基本的にはそのようなことはありません。

ただし、全身脱毛をして毛が少なくなることで、汗が増えたと感じる場合があるようです。

なぜそのようなことが起きるのでしょう。

今回はその理由と対策についてご説明しましょう。

汗の量が増えたと感じる理由

汗の量自体は脱毛前と脱毛後で増えることはありません。

脱毛して変わったのはムダ毛が無くなったことです。

ムダ毛は私たちが『ムダ』と考えているだけできちんと役割を持っています。

その最も大きな役割が汗を吸収する役割です。

現代の世の中では洋服を着ますし、汗もある程度かいたらタオルで拭いたりするのであまり必要なくなった機能ですが、ムダ毛はそのような機能を持っています。

その為、ムダ毛が脱毛によってほとんど無くなると、汗の量は同じでも汗をキャッチして空気中に発散してくれる毛がないわけですから、かいた汗は流れ落ちるまで皮膚に溜まってしまいます。

汗が頬を伝って流れ落ちる感触があると「あ~汗かいたな」と自分でも意識しやすくなりますよね。

流れおちる汗の感触が以前よりも頻繁なる為、汗の量が増えたと感じるのです。

これ以外にも、脱毛したことで精神的に部位を意識しやすくなるのも原因と考えられています。

例えば、Vラインなどを脱毛した場合、Vライン部分の肌が衣類と擦れるのを意識してしまいやすくなり、精神的な緊張によってVライン部分の汗量が増える場合もあります。

この場合は一時的には汗の量が増えてしまっていますね。

汗の量が増えたと感じない為の対処方法

上記のような理由で、脱毛後は以前よりも汗をかくことに敏感になってしまいます。

ですから、汗量が増えたと悩まされない為にも、まずはムダ毛が果たしていた役割を補うことで対処できます。

ムダ毛が果たしていた「汗をキャッチし、空気中に発散させる」働きは、現代の科学では画期的なインナーが同じ役割を果たせます。

汗の吸収力が高く、空気中に効率よく水分を発散させてくれる機能を持ったインナーを着用することで、汗が伝う感触に悩まされることは少なくなるでしょう。

これに加え、精神的にもあまり意識しないことが重要です。

汗を気にしすぎて脱毛部位が余計に気になってくると、緊張から汗が増えてしまいます。

インナーでカバーできない部分はタオルなどで適度に拭きとって、ストレスに感じないようにしましょう。

ただし、対処しきれないほど汗の量が増えた等、「おかしいな」と思うことがあれば、皮膚科医に相談しましょう。

自分でどうしようもない場合、医療機関では汗を押さえる為の薬も処方できますから、より具体的に症状に対して治療してくれます。

でも多くは一時的にそう感じているだけの場合が多いです。

まずは自分でできるインナーを吸水性の高いものに換えたり、意識を集中しないようにするなどの日常的なことから対処してみましょうね。

手の指毛と一緒に足の指毛も同時に脱毛しよう


手の指毛は人目に触れやすい部分ですが、足の指毛も目立つ可能性がありますので、同時に脱毛してみてはいかがでしょうか?

足の場合は靴下などを履いていると分かりませんが、裸足になる機会もありますよね。

たとえば恋人と温泉に行ったり、夏にはプールや海に行ったりすれば、裸足になるでしょう。

また、夏はサンダルを履くこともあると思いますが、その時に足の指毛が濃いと足も臭そうなイメージを与えてしまうことがあるのです。

もちろん、しっかりと足を洗っているとは思いますが、臭そうというイメージを持たれるのはショックですよね。

誰でもそのように思うわけではありませんが、可能性としては充分考えられますので、忘れずに足の指毛もケアしておきましょう。

また、足の指毛まできちんとお手入れをしていると清潔感を感じさせるだけでなく、美意識が高いという印象を与えることもできます。

男性がメンズエステに行って自分磨きをすることも増えてきていますので、女性もそれに対して好印象を持っているようですよ。

男性は脱毛したことが異性に分かるのが嫌だと思っている人もいるようですが、そこまで徹底してケアしていることが分かるのは良いことなのです。

男性のそのような姿を見ると、“私ももっと頑張って自分磨きをしよう”と思う女性が多いのでしょうね。

お互いを高め合える存在というのは大切ですから、女性の方からアプローチされるかもしれませんよ!

お手入れをするのであれば、やはりメンズエステがおすすめです。

メンズエステはなるべくお肌に優しい方法で脱毛を行いますので、デリケートな足の指毛にもぴったりなのです。

手と足の指毛を同時にお手入れすることもできますので、手間も省けますよね。

その上、脱毛範囲も狭いですから、比較的短時間でお手入れが完了するというメリットもあります。

手の指毛をお手入れするのであれば、ついでに足もお手入れして、更に男性としての魅力を高めてみませんか?

敏感肌・乾燥肌の人は肌質のチェックから!


手は皮膚が薄いという特徴があるため、普通肌の人でもトラブルが起こる場合があるのです。

敏感肌や乾燥肌の人は特にトラブルが起こりやすいですから、指毛脱毛が受けられない可能性も考えられますね。

そう聞けば不安になるかもしれませんが、お肌への負担が少ないマシンを使用しているメンズエステサロンも多いため、最初から諦める必要はありませんよ!

そこで、敏感肌や乾燥肌の人が指毛脱毛を受けるためのアドバイスを挙げますので、参考にしてみて下さい。

《カウンセリングで肌質のチェックを受けよう!》

メンズエステサロンでは、施術前にカウンセリングを行うのが一般的です。

カウンセリングの際には肌質のチェックも受けますので、脱毛が受けられる状態なのかどうか知ることができますよ。

肌質に不安があるなら、カウンセリングの際に相談してみて下さいね。

プロのエステティシャンがカウンセリングを行いますので、良いアドバイスが受けられるかもしれません。

みなさんの肌質に合った施術方法を提案してもらえる場合もありますし、詳しい話を聞くことで安心感も得られるでしょうね。

《毎日のスキンケアで水分量をアップしよう!》

顔はスキンケア用品を使用してお手入れする男性もいるでしょうが、手を重点的にケアする人は少ないでしょうね。

でも、指毛脱毛を希望しているのなら、毎日のスキンケアで水分量を上げることがポイントですよ!

水分量が少ないと乾燥を招き、脱毛を受けた時に刺激を受けやすく、かゆみ・赤みなどのトラブルが起こりやすくなるのです。

なので、手にも化粧水をたっぷりと付け、その後はハンドクリームを塗って保湿を心がけましょう。

また、夜寝る前にもハンドクリームを塗り、綿の手袋をした状態で寝ると効果が高まりますよ!

たとえメンズエステサロンで脱毛を断られたとしても、毎日のスキンケアによって水分量がアップした上でもう1度肌質のチェックを受ければ、施術が受けられるかもしれません。

スキンケアを毎日実践することで施術が受けられる可能性が高まるだけでなく、手もキレイになりますので、女性からの好感度アップも期待できますね。

各サロンの無料テスト脱毛で安心安全のOライン脱毛に!

※Oライン脱毛も無料テスト脱毛を活用しよう

Oライン脱毛をする方にお勧めなのが、無料でテスト脱毛をしてくれるサロンです。

当サイトのランキング内脱毛サロンのほとんどが無料テスト脱毛を実施しています。

なぜこのようなサロンがお勧めなのか、理由は大きく分けて3点あります。

≪理由1:無料テスト脱毛で肌質チェックできる≫

多くの人は自分の肌質をきちんと理解できていません。

例えば、「どんなに安価な化粧水を使っても肌荒れしたことないし、私の肌は頑丈なんだわ」と思い込んでいる方はいませんか?

基本的に日本のドラッグストアや化粧品店で売られている化粧水など肌ケア商品は、日本人のデリケートな肌に合わせて作られています。

良い商品だからこそ、手に取りやすい場所に置かれていて、それらの自分の肌質にあったケア用品にたまたま当たっていただけという可能性もあります。

そんな風に自分の肌質を過大評価していると、脱毛をいざ受けてみた際、肌トラブルを起こしてしまうことにつながります。

特にOラインの皮膚は体の様々な皮膚の中でもデリケートな皮膚の1つです。

まずはOライン脱毛を受けようとしているサロンの機器や方法と自分の肌質が合うか試す、という意味で無料テスト脱毛を受けてみましょう。

各サロンで脱毛方法や使っているジェルなどに違いがありますから他のサロンで受けたことがある方も、無料テストを受けてサロンの方法に自分の肌質が合うか再度チェックしましょうね。

≪理由2:脱毛初心者でもどんなものか体験できる≫

Oライン脱毛を受ける方の多くは、すでに他の部位の脱毛を経験済みという方だと言われています。

しかし、Oラインにムダ毛が多いことを他の部位のムダ毛よりも気にしている場合は、一刻も早くOライン脱毛をしたいという方もいますよね。

Oライン脱毛が初めての方、脱毛初心者の方はどのような手順で、どのように行われるのかイメージもつかずにやってくることが多いです。

無料カウンセリングで器具の説明や手順の説明を行っている脱毛サロンがほとんどですから、ある程度のイメージはつかめます。

けれどどのように行われるかをきちんと把握するには、やはり体験してみるのが一番ですよね。

手順のイメージが付き、どのようなものか把握できれば、より安心してOライン脱毛に臨めますよね。

≪理由3:契約するかしないかの参考になる≫

Oライン脱毛の契約の多くが複数回のセットコースです。

その為、1度契約してしまうと何度か通わなくてはなりませんが、例えば脱毛を実際に受けてみると器具の肌への当たり方が嫌だなどの通いたくない理由が出てくるかもしれません。

通わなければ払ってしまった金額が無駄になりますし、脱毛も完了できずもったいないですよね。

実際に脱毛の手順はサロンによって違います。

脱毛する部屋が個室かそうでないかも人によっては気になることがありますよね。

そんな時無料のテスト脱毛を受けることができれば、実際にその脱毛サロンで契約するかどうかの参考になります。

契約してしまっては、サロンを変わるのは難しいので、無料テスト脱毛はとても活用できますよ。

Oライン脱毛をしている人の割合は多いの?

※Oライン脱毛希望者は急速に増加している!

Oライン脱毛をしている人の割合は残念ながらまだ「当たり前」と呼べる程度ではありません。

しかしOラインの脱毛をする人が増加傾向にあるのは間違いありません。

≪Vラインが当たり前になってきた!≫

ワキの脱毛は結構前から当たり前に行われていましたが、実はVラインの脱毛は最近やっと「当たり前」になってきたような感じです。

欧米では随分前からハイジニーナ脱毛やブラジリアン脱毛といって、V・I・Oラインの脱毛まで当たり前にされるようになっていますが、日本人女性はVライン施術の恥ずかしさからなかなか「当たり前」にならなかったのですね。

しかし、最近ではVラインなどのデリケートゾーンをカミソリなどで自己処理する危険性が周知されてきました。

彼氏に見られて一番恥ずかしい毛の部分でもありますし、可愛い下着もVラインの毛がはみ出ていては意味がありません。

そこで今ではVライン脱毛とワキの脱毛は日本人女性でも当たり前となってきたわけですね。

しかし一方で、Vラインに近い部位であるにも関わらずIラインやOラインの普及が芳しくないのは、やはり「恥ずかしさ」が原因です。

やってみるとVラインのついでのような感じでできるので体験者は「VラインをするならI・Oラインも」とわかっているのですが、Vラインも未体験という場合にはI・Oラインのことまでは考えられないようですね。

「とりあえずVラインだけで・・・」という脱毛希望者も少なくないようです。

≪Oライン脱毛希望は急速に増加!≫

しかし急速にOラインの脱毛希望者も増えてきています。

Vラインと同時にする人もいれば、Vラインをした後でOライン脱毛を希望する人もいますね。

その理由は、Vラインをせっかく脱毛してもIラインやOラインに毛が生えていては下着や水着を着る時どうしても自己処理が必要になり、意味がないからです。

IラインやOラインは自分の目で確認しにくい部分なのであまり意識しませんが、実に8割の人がOラインに毛が生えているそうです。

お尻なので自分では見えませんが、一番見られたくない夫や彼氏には丸見えです。

どうせなら完全に自己処理の必要ないデリケートゾーンになりたいという希望者が増え、現在Oライン脱毛希望者は急激に増加しています。

≪Vラインと一緒にIラインとOラインの脱毛もしたほうがいい理由≫

おすすめなのはVラインと一緒にIラインやOラインの脱毛も始めることです。

ハイジニーナ脱毛としてセットで安くなっているサロンも多いですし、何より脱毛期間が短く済みます。

一度の脱毛での時間は若干延びますが、Vラインのついでといった程度ですから、そこまで長時間必要になるわけでもありません。

一気に済ませたほうが楽ですし、気に入った水着や下着も脱毛終了後すぐに自己処理無しで着こなせるのがメリット大ですよ。

医療機関と脱毛エステサロンの違いって何?

脱毛しようと思った時、まず最初に直面するのがサロン選びです。

脱毛できるところは、脱毛を専門に扱う脱毛サロンや、美容の専門エステサロン、さらには皮膚科や美容外科などの医療機関が主にあげられます。

この時、最も大きく違っているのは、医療機関であるかそうでないかということですね。

エステサロンや脱毛サロンは、もちろん医療機関ではありません。

初めての脱毛の時、やはり専門医師のもとで行われる医療機関での脱毛の方が安心できるという人も多いのではないでしょうか。

また、その逆に美容のプロがいて、医療機関よりは少しコストも低い脱毛サロンの方が始めやすいと思う人もいます。

実際のところ、サロンの脱毛と医療機関の脱毛ではどこが違うのでしょうか。

簡単に言ってしまうと「レーザーの出力の差」が違ってきます。

つまり、常に医師のもと行われる医療機関の脱毛では、強い出力で確実な脱毛が行えます。

対して、サロンなどでは弱い出力の脱毛処理しか認められていないため、長期的な効果はあまり期待できないことが多いのです。

ただし、サロンでの脱毛の場合、お得なキャンペーンがあったり、自由に脱毛プランを組むことができたり、駅近で通いやすいなど便利なことがたくさんあります。

最近では、医療機関と提携しているサロンも多くなり、万が一の時でも安心できるようになってきました。

料金的な面を比べると、やはり医療機関で行う脱毛の方が高額な場合が多くなります。

確実で長期的な効果を考えるなら医療機関を利用することをお勧めしますが、とりあえずこの夏だけきれいにしたい、気軽に始めてみたいという人は脱毛サロンの脱毛でも十分でしょう。

まずは、脱毛したい範囲や予算、スケジュールなどをしっかり考慮して、自分にあった脱毛を見つけられるといいですね!

▲ページトップに戻る